アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
SNOWBOARD WALKER
ブログ紹介
スノーボードをこよなく愛する人のために
  スノーボードの道具、技術の情報など
zoom RSS

スノーボード保険 Yahooプレミア会員用

2007/10/03 23:33
ヤフーから新しいスノーボード保険が出ました。


https://insurance.yahoo.co.jp/member/

最小構成だと、
月額230円(年間だと2760円、シーズン12月から3月なら920円)

賠償保険金額:1000万円
入院日額  : 500円
通院日額  : 250円
用品保険金額:10万円


割りに良いかどうかはともかく、
最小構成であれば
かなり安く保険に入れます。

しかも、保障内容について
細かな調整ができるので、
すでにプレミア会員の人は検討の価値ありかも。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4


HELLY HANSEN 「サバイバルスーツ」をモチーフにした、スノーボードウエアを発売

2007/10/02 22:45
HELLY HANSEN 130年アニバーサリー
究極の「サバイバルスーツ」をモチーフにした、スノーボードウエアを発売


ヘリーハンセンでは、ブランド創業130年を記念し、ヘリーハンセンの究極ウエア「サバイバルスーツ」のデザインをモチーフにしたスノーボードウエアを、10月初旬より、全国のヘリーハンセンスノーボードウエア取扱店で発売を開始します。

http://www.goldwin.co.jp/pr/071002/index.html


画像




【品番】HS1705 【価格】¥105,000(税込) 
【サイズ】S・M・L・XL
【カラー】セイフティオレンジ(SF)、エボニー(EB)
【素材】ヘリーテックXP(ナイロン100%(ポリウレタンラミネート))
荒天に対応する最高レベルの耐久防水・透湿性
- 450分洗濯後でも5,000mm以上の耐水圧を保持する耐久防水性(初期耐水性:10,000mm以上)
- スタンダードなヘリーテックに比べ25%も高い透湿性
- 縫い目からの浸水を防ぐ防水テーピング処理
【機能】耐水圧:10,000m/m/透湿6,000g/平方メートル/24h/撥水20洗80点/フルシーム縫製/フルストレッチ/ベンチレーション/止水ファスナー/ブーツゲーター/パスケース/ゴーグルワイパー




ヘリーハンセンの究極のウェアですって!!
すげぇ〜〜〜。



ん??
耐水圧5,000mmってそーーーでもなくない??
ヘリーテックって・・・ゴアテックスのまがい物??

ん〜〜??
あんまりウェアは詳しくないけど、コレどーなんでしょね。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 32


八幡平スキー場 さようなら?

2007/09/27 00:39
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20070919_1

岩手県の八幡平スキー場に
あやういニュースが入っています。

第3セクターが事業の継続を困難と判断し、
経営譲渡を模索しているそうです。


でも、
この手のニュースで譲渡先が見つかることはまれですので。


きっと
またひとつ。
スキー場が姿を消すことに・・・。


さみしいニュースですね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


アルピコグループがロイヤルヒルスキー場とホテルを売却へ

2007/09/19 21:30

アルピコグループというのは、
長野県内で有数の企業で、
バス、タクシーやホテルなど他業種を展開している企業です。

その会社が白樺湖ロイヤルヒルを手放すそうです。

白樺湖って
あのエリアだとけっこうメジャーなスキー場だと思ったんですけどねぇ。

やはり去年の雪不足が影響したのかもしれませんね。



http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=8372

アルピコグループがロイヤルヒルスキー場とホテルを売却へ
更新:2007-9-19 6:02
 茅野市北山の白樺湖ロイヤルヒルスキー場、白樺湖ロイヤルホテルを運営するアルピコグループ(松本市)が、10月1日付で両施設を都内の企業へ株式売却することが、18日までに分かった。レジャー不況を受けたスキー客の減少や施設老朽化などの影響で、今後の採算性が見込めないことから事業撤退を決定。今シーズン以降の営業継続を条件に準備している。

 アルピコによると、同スキー場の昨シーズンの利用者は約10万2000人。ここ数年は横ばい実績だったものの、長野冬季五輪が集客効果をもたらした1998年前後のピーク時に比べ、およそ半数と苦戦が続いていた。

 加えて、スキー場に隣接する冬季運営の同ホテルは、昨シーズンに宿泊客が6000人を割り込み、過去3年間で約2割減。リフトの安全対策や建物改装といった両施設の設備投資時期とも重なり、昨年から運営子会社の白樺湖観光開発の持ち株売却を検討してきた。

 売却先の企業は全国でスキー場事業を展開しており、近く白樺湖エリアに新会社を設立予定。両施設は例年、パートを含め計70―80人の従業員で運営してきたが、このうち正規従業員の7人は労働条件を維持したまま再雇用されるという。

 アルピコの藤沢俊明常務は「グループ再編と強化を図る中、スキー場の専門企業に運営を任せる方が地元観光のために有益と判断した。今後も観光バスやタクシー、ゴルフ場など、従来の事業で諏訪地方の活性化に協力したい」としている。

 両施設はスキー場が61年、ホテルが74年にオープン。スキー場は茅野市内4カ所の中で最も歴史が古く、家族向けのゲレンデやナイター経営のほか、近年はスノーボードの国際大会の会場としても知名度があった。

 スキー場、ホテルとも加盟する白樺湖観光協会は、8月下旬に運営する子会社側から株式売却の意向がある旨を伝えられたという。「時代の流れの一つかなと感じた」と島立健太郎協会長。スキー場は同湖周辺の冬のレジャーの大きな要素。「スキー場、ホテルとも今後変わりなく営業されると聞いている。スキー場の新たな経営方針がまだ見えないので不安はあるが、期待するしかない」と話している。

 市は「スキー場は冬のにぎわいに欠かせない。引き続き営業してほしい」(商業観光課)としている。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


スノーボード保険

2007/09/17 23:23
いろいろ調べてみましたが、
インターネット上で商品案内があるのは、
日本生命だけでした。


http://www.nissay.co.jp/kojin/syouhin/sonpo/ski/rei/index.html
年間保険料:4000円

賠償保険金額:3000万円
入院日額   :1320円
通院日額   :660円
用品保険金額:10万円


つまり、4000円はらっておけば、
人に怪我をさせたら3000万、自分の道具は10万円まで保険が効くということ。

ちなみに、
日本興亜は、商品企画中のようです。
http://www.anshinmy.com/service/anshinbox_sport/frame.html

ほかに、住友生命、三井住友海上、富士火災、東京海上日動も調べてみましたが、
見当たりませんでした。


とある、保険会社に勤務している仲間に聞いたところ、
「むかしはウチもスノーボード保険やってたんだけど、撤退したんだよね。
 あまりにもスノーボーダーって怪我が多くて、正直厳しいんだよ」
と。

逆に言えば、
元をとれる可能性が高いとも言えます。


他にも
すでに入っている生命保険や医療保険などのオプションで同様の保障が得られる可能性があるので調べてみると良いかも。
(自分の場合はこの方法でスノーボードも保険に入ってます)

あとは、
「旅行保険」という方法もありですね。
3泊で1000円とか1500円くらいで保険をかけれます。


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


【『A-SEVEN(エーセブン)』が、『セシルマクビー』とのコラボレーションウェア

2007/09/13 00:04
http://descente-ltd.com/web_news/release/detail/index.php?re_cd=176

画像

【A-SEVEN】スノーボードウェアの『A-SEVEN(エーセブン)』が、
機能とデザイン性を融合した
『セシルマクビー』とのコラボレーションウェアを限定発売
更新日:2007.09.04

株式会社デサントのスノーボードウェアブランドの『A-SEVEN(エーセブン)』は株式会社ジャパン イマジネーションが展開する渋谷系エレガンスのトップブランド『セシル マクビー』とコラボレーションしたスノーボードウェアを限定発売致します。
今回発売するのは、スノーボード用のジャケット、パンツ、グローブ、キャスケット、ニットキャップの計5アイテムで、販売先は『セシルマクビー』が年に2回発売するコレクションブック 「セシルブック」の2007秋号(2007.09.05発売)及び、株式会社ファッションウォーカーが運営する公式通信販売サイトのみで限定販売致します。販売点数は計250点です。
『A-SEVEN』が持つ保温性や防水性(耐水圧 10,000mm)に優れた高機能素材を使用した本格的なスノーボードウェアで、ブラックやホワイトのモノトーンカラーをベースにピンク、ゴールド、ラインストーンなどをアクセントに使用しました。また、ジャケット内側には『セシルマクビー』のロゴを入れた携帯専用電話ポケットを装着するなど、いずれもデザイン性と機能性を融合した女性 ならではの視点を取り入れた商品です。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


A-SEVENって、
デサントのブランドだったんですな!!

知らなかった・・・。

デサントって、どーしてもスキーウェアの矢印マークのイメージがあったのだけど・・・。

X-nixって、「スキーブランドがスノーボードにも手をだしました」って感じがするけど、
A-SEVENはそんなイメージないですね。

むしろ、
デサントって聞いて信頼感が高まった気がする。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


スノーボードはトリックだけなのか?

2007/08/23 23:10
でかいキッカーでグリグリとスピンを決めたり、
レールやボックスで、クールにプレスをしたり。



かっこいいんですが。



スノーボードって、
それじゃダメだと思うのです。



もちろん、
そういうスタイルもひとつのスノーボードなんだけど、
なんとなく、
みんながそうならなければ、いけないように見えて。



車でたとえるなら、
みんなが峠を攻めたり、F1マシンでサーキットを走ることを
目標にさせられているような。



ふつうの車で景色の良い道をドライブしたら
車をたのしめるのに。



スノーボードも同じじゃないかと。
飛べなくたって、回せなくたって。

景色の良い山で、
すきとおったキレイな空気の中で、
楽しく滑れればそれでいいんじゃないか??



なんか、
プロモーションを間違えていないだろうか??
雑誌やTVに登場するシーンは、
どれも、トリックばかりに思えて。

もちろん、専門的にやっている人間にとっては、
それが必要な情報だけど、
TVでふと、ハーフパイプや、ビッグエアーを見て、
「あ、面白そう!これやってみよう!!」
って思う人がいるんだろうか。


いまのままだと、
スノーボードは、好きな人だけがやる特殊なスポーツになってしまわないだろうか。


もっともっと
スノーボードのいろんな楽しみ方を、
多くの人に分かってもらえることが、
スノーボード全体の盛り上がりにつながるんじゃないだろうか。


ふと。
こんなことを思いました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

SNOWBOARD WALKER/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる